飲み方を知るだけで効果120%アップ

飲み方で効果UP!

バイアグラの有効成分はシルデナフィルで、やや水に溶けやすい性質を持っています。
食事の影響を受けやすいため、服用する時は空腹時が基本。
「食べてしまった」という場合は、時間を置いてから服用しなければいけません。
食事のルールを覚えて、さらにバイアグラの効果を120%発揮する飲み方を学んでおきましょう。

【バイアグラと食事の関係】
バイアグラは、腸で成分が吸収されます。
食事を摂ると消化機能が働くため、成分が一緒に排出する恐れも。
必ずしも効果がなくなるわけではありませんが、高カロリーな食事は非常に危険です。
脂質の多い料理や、胃や腸の壁にべっとりと油膜を張ってしまいます。
シルデナフィルの成分は、油の膜を通過出来ないので、血液中に吸収されず便として排出される可能性が高まります。

お腹空いている状態だと、「セックスに集中が…」という悪影響がでてしまうかもしれません。
その時は、そばや寿司などのあっさりした食事を選び、2~3時間以上空けてから飲むのはOK。
恋人と昼からデートする場合でも、ランチメニューを選びには注意が必要です。
スイーツバイキングや焼き肉などの高カロリーなランチは、時間を空けて飲んでも効果に影響がでてしまいます。
食事はバイアグラの効き目に大きく影響するので、気をつけて服用しましょう。

【バイアグラの効果マックス(飲み方)】
・性行為の1時間前に飲む
→バイアグラは飲んで30分ほどで効きはじめます。
服用してから1時間後に血中濃度のピークを迎えるため、勃起力が1番強いタイミング。

・適量を覚える
→体格や体重によってバイアグラの適切な用量は違います。
用量を多すぎると、作用よりも副作用を増強させてしまう可能性も。
自分に合った用量を見極めるために、はじめは低用量から飲んでください。

バイアグラは、食事と飲むタイミングに気をつければ、しっかり効果を得られます。