ジェネリック品は低価格・高品質

ジェネリックは安全?危険?

ジェネリック品は、新薬の有効成分をそのまま使用して開発されています。
商品名や製造会社は違いますが、効果や有効性はすべて一緒ということ。
新薬とジェネリック品の大きな違いは、開発にかかる期間と費用です。

新薬の開発は、9~17年ほどの長い歳月と数百億円以上の費用がかかります。
ジェネリック品はすでに出来ている成分を使うため、期間が3~5年と短く、コストも大幅に削減できるのです。
新薬に比べると低コストで開発できるので、販売価格も格安で提供可能。

費用がかかっていないから「手抜きする」という訳でなく、新薬にはない生物学的同等試験が行なわれていて、品質・効き目などの有効性も厳しくチェック。
安心して服用できるように、ジェネリック品は作られています。

ジェネリック品は、新薬で飲みにくいと言われる錠剤を小さく改良したり、苦味を抑えるためにコーティングを変えたりできます。
新薬よりも飲みやすく作られるので、患者に寄り添った使いやすい医薬品作りに特化。

バイアグラのジェネリック品では、ゼリー状や水に溶かして飲める発砲錠などが製造されており、薬の苦手意識を克服できるようになります。
水なしでも飲めるので、持ち運びもしやすく日本でもリピーターを多く集めています。
副作用もバイアグラと変わらないですが、コーティングがなく体内で早く吸収されやすくなるため、適度な即効性も。
経済的な負担も少なくなる上に、服用も楽にできれば文句はないはずです。
バイアグラ・ジェネリックも1錠460円~販売しているので、1度試してみてください。
ジェネリック品のメリットを最大限に活用して、ED治療を前向きにしていきましょう。